にじいろ

3人子育てのことや、日々こと。2018年10月からブログ始めました。アメーバブログから移転中。

8時30分からの習い事

土曜日は朝から習い事。

長女は昼からも習い事。

私は朝の習い事を送り、子どもたちと少し一緒に過ごして、仕事へ直行する。帰りのお迎えと午後の習い事の送迎は夫にお願いするのが最近の流れ。

今日は、長女がレッスン中に待っている2人を連れて、桜を見にいった。

今年の桜は一段と綺麗。

1年前は、コロナ自粛中で不安な時期だったのに、どんな状況にも適応して生きている。人間ってすごいなーとしみじみ思う。

桜の前で撮った写真は、次女のポーズが可愛すぎ!

顔が見えなくなるから、「ポーズしないでー」と言っても常にハートマーク😂

母と娘のその会話が何度も繰り返されるので、息子の笑顔の写真が撮れた!

息子は、笑った写真が少ないので、貴重なのです。



f:id:hanabi09:20210327224535j:plain]

3月も終わり

f:id:hanabi09:20210325225823j:plain先日、宣言通り福岡市科学館へ宇宙兄弟プラネタリウムを観に行ってきた✨

コロナになる以前は、暇さえあればプラネタリウムや星を観に行ってたのでなんかすごく久しぶりで、新鮮だったし、やっぱり私、プラネタリウム宇宙兄弟も好きだー!となんか叫びたい気分になった。しかも、心が動くってこういうことなんだ!と再確認した。

いやー、ときめきって大事ですね!!なんでもいいけど、心が動くこの瞬間を大事にしなきゃ!と思いました。ときめきを日々感じていけたら幸せだな。

先日、夫にも同じことを思ったような気がしたけど、今はまたすっかり忘れかけている…。

内に内に気持ちが向くとだめですね。感謝の気持ちが足りないと反省したにもかかわらず、また気付くと謙虚な気持ちを忘れている。大空のように広ーい心を持ちたいなー

もう、3月も終わり。

嬉しい別れと寂しい別れ。今回はどちらも経験する予定です。


今期は、もっといい年にするぞー!

3月の楽しみ

ここ何年かこれを見るとテンション上がって頑張れるー!というものの1つにマンガ「宇宙兄弟」がある。

3番目の子を妊娠しているときに、福岡県立青少年科学館のプラネタリウムで初めて見て以来、どはまり。大好きな作品に。

その宇宙兄弟が、なんと、来月の3月10日から始まる福岡市科学館のプラネタリウムドームシアターに登場するらしい!

楽しみだーーーー!!!

最近の疲れが一気に吹き飛んだよ。

夢に真っ直ぐ走り続ける姿と六太と日々人の兄弟愛が素敵すぎー。


相手を思い、それに気付くこともまた思いやり。

お互いを思い合うって難しい。特に余裕がないときは、自分のことばかり。

視野が狭くなっているなー。

こんなときこそ、感謝を忘れずに。

金継ぎday

大事にしていても、欠けてしまうこともある。

欠けても、今までと何ら変わらないお皿なのに、料理を盛ってもなんか気分が上がらない。

とっても気になる…。

ということで、シンカイカオリさんにお願いして、金継ぎでお皿を修復してきました。

体験してみてびっくりー!!前よりもお皿やコップに愛着がわく。欠けた部分を漆で修復した後、その上から塗った金や銀の色がアクセントになって、かわいい。愛おしい。

しかも、金継ぎってセラピー効果があるんじゃない?

めちゃくちゃ気分が明るくなって、満たされたー。私に必要なのはこういう時間。
金継ぎ効果、たぶんそれだけではないよね。

久しぶりに会った大人塾仲間とお話しできたからかな。

なんだろーすごーく元気が出る!大人塾で出会えたみんなは、素敵な人ばっかり!

話すだけで、前向きになるし、私もなんか動き出したくなる。

本当に今でもこうやって、繫がりを持てることに感謝!!

f:id:hanabi09:20210210223453j:plain

f:id:hanabi09:20210210223626j:plain

f:id:hanabi09:20210210223649j:plain

f:id:hanabi09:20210210223706j:plain

日曜日休み

昨日は久しぶりの日曜日休み。朝からわくわくしていて、嬉しくて目が覚める。なんだ、この感覚は。子どもの頃の遠足の日みたいじゃない。子どもと夫と1日一緒に過ごせることがなによりもうれしい。

2週間ぶりの土日の休みは、私にとっては、もうずいぶん長い期間だったよう。日曜日がお休みって、貴重で何よりも幸せ。

今は少しだけ自分の時間が持てるようになったからより、そう思う。

1人の時間がほしいと思っていた数年前の私がみたらどう思うかな。




f:id:hanabi09:20210125090726j:plain



最近読んだ本たち。



ちょっとしたストレスを自分ではね返せる子の育て方

ちょっとしたストレスを自分ではね返せる子の育て方

  • 作者:土井 高徳
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

2021年の始まり

2021年の始まりは雪でした。

f:id:hanabi09:20210115085904j:plain

年末はやっぱり性格上、ゆっくりはできなくてちょうど雪のため宿が空いたので急遽湯布院方面へ。

そういう所は夫婦とも気が合う。すぐ提案して、すぐ乗る。

せっかくなので、別府のロープウェイに乗って、山の上へ。

辺り一面銀世界。寒いけど、福岡育ちの私には、やっぱり雪は新鮮。すごく綺麗。

雪国の人と結婚したので、10代の頃よりも20代、20代よりも30代と雪が身近になり、私の世界もぐんと広がった。


先週の雪のときは、三瀬辺りに行くと、九州なのに別世界。夫もすごく喜んで、子どもたちに雪遊びをと3日間、遊びに連れて行ってくれたよう。

雪国の人の感覚では、大したことない雪でも私には心配。私がいないときに、一人で3人を雪の中に連れて行ったと後から聞いてびっくりしたー!!でも、ありがとう。かまくら作ったり、そりしたり楽しかったみたい。

一日だけ私も一緒だったけど、私はすごーく寒かった!!でも、いい思い出。


f:id:hanabi09:20210115090519j:plain

f:id:hanabi09:20210115090552j:plain


子どもたちがめーいっぱい遊んで笑っている姿を見ていたら、私は最近いつ笑ったー?とふと考え込んでしまった…。なんか、年を重ねるごとに笑うことが減ってる気がする。

思いっきり笑って、顔の筋肉も使わなきゃ!

2021年は、とりあえず笑う!

意識して広角を上げる!

これでいきます!