にじいろ

3人子育てのことや、日々こと。2018年10月からブログ始めました。アメーバブログから移転中。

「子どもが病気のとき」

次女の体調が悪く、2人とも仕事。

さてどうしょう…。子どもが小さいと、こういうとき困ります。

以前は、私が病院に連れて行き、先生からの証明書をもらいお弁当を作り、病児保育に連れて行くか、休みをもらうという選択をしていました。

朝から時間との闘い。しかも、病院保育が入れるかもわからない。ものすごくストレスがかかる。

仕方ないと思いながらも、2人の子どもなのにどうして夫は他人事のように仕事にいくのだろうとモヤモヤする気持ちもあって、その気持ちを夫にぶつけたりしてました。


そしてコロナ禍。在宅ワークが取り入れられる環境になり、夫と職場にも少しずつ変化がありました。

先日、次女が体調が悪かったときの話。
私がどうしても休めない日で、夫がどうにか在宅ワークにできないか検討してくれました。

以前の状況からは考えられない対応。

本当に有り難かったので、何度もお礼を言ったら、夫が「当たり前でしょ。あなたが休めないなら2人でなんとか対応しないと。」って言ってくれました。
驚きとこの変化への感動と感謝といろんな感情が合わさりいっとき放心状態(笑)そして、いっきに緊張とストレスが安堵感へ変わりました。1人で頑張らなくてもいいんだってってほっとした。

父親が育児に協力してくれるだけで、母親のストレスは間違いなく軽減される。参加できなくても、心に寄り添ってくれたり、ちょっと気にかけてくれるだけでもいい。気持ちが救われる。

きっと夫もいろんな葛藤や思いがあって、今回のような判断と行動を取ってくれたんだと分かる。

そう思うと何度も「ごめんねとありがとう」が溢れてきた。夫から「なんで謝るの?当たり前やん。」と言われ、夫のその言葉がなによりも嬉しかった。


お礼にこの日は、夫の好きな唐揚げをメニューに加えてみた。



f:id:hanabi09:20201017123008j:plain